コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三井甲之 みつい こうし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三井甲之 みつい-こうし

1883-1953 明治-昭和時代の歌人,国家主義者。
明治16年10月16日生まれ。根岸短歌会にはいり「アカネ」を主宰したが,のち伊藤左千夫(さちお)と対立。「しきしまのみち」をとなえ,大正14年蓑田胸喜(みのだ-むねき)らと「原理日本」を創刊,学界への思想攻撃を展開した。昭和28年4月3日死去。69歳。山梨県出身。東京帝大卒。本名は甲之助。著作に「明治天皇御集研究」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三井甲之
みついこうし
(1883―1953)

歌人。山梨県松島村(現甲斐(かい)市)生まれ。本名甲之助。東京帝国大学国文科卒業。「根岸短歌会」に加わり、伊藤左千夫(さちお)に師事。『アカネ』発刊(1908)に際し責任者となる。その後、左千夫らは離れて『アララギ』に拠(よ)ったため対立。清新な詠みぶりを示したが、1920年代から国家主義的な思想運動を展開、和歌を中心としたナショナリズムを鼓吹した。『三井甲之歌集』(1958)がある。
 山のまの藍(あゐ)なす空に遠山の雪のいたゞき重なりて見ゆ[藤岡武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三井甲之の関連キーワード蓑田胸喜(みのだむねき)アララギ(短歌結社雑誌)馬酔木(短歌雑誌)アカネ(トンボ)松本 彦次郎日本及日本人原理日本社国家主義者大須賀乙字三井 甲之昭和時代外山家人歌人

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三井甲之の関連情報