コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三井甲之 みつい こうし

2件 の用語解説(三井甲之の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三井甲之 みつい-こうし

1883-1953 明治-昭和時代の歌人,国家主義者。
明治16年10月16日生まれ。根岸短歌会にはいり「アカネ」を主宰したが,のち伊藤左千夫(さちお)と対立。「しきしまのみち」をとなえ,大正14年蓑田胸喜(みのだ-むねき)らと「原理日本」を創刊,学界への思想攻撃を展開した。昭和28年4月3日死去。69歳。山梨県出身。東京帝大卒。本名は甲之助。著作に「明治天皇御集研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三井甲之
みついこうし
(1883―1953)

歌人。山梨県松島村(現甲斐(かい)市)生まれ。本名甲之助。東京帝国大学国文科卒業。「根岸短歌会」に加わり、伊藤左千夫(さちお)に師事。『アカネ』発刊(1908)に際し責任者となる。その後、左千夫らは離れて『アララギ』に拠(よ)ったため対立。清新な詠みぶりを示したが、1920年代から国家主義的な思想運動を展開、和歌を中心としたナショナリズムを鼓吹した。『三井甲之歌集』(1958)がある。
 山のまの藍(あゐ)なす空に遠山の雪のいたゞき重なりて見ゆ[藤岡武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三井甲之の関連キーワード千葉胤明足立公平岡千里小口みち子関橋守高安やす子谷邦夫中島哀浪西出うつ木山川柳子

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三井甲之の関連情報