コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三亜 さんあ

百科事典マイペディアの解説

三亜【さんあ】

中国,海南省南端の都市。明代には崖州と呼ばれた。1984年市となった。サトウキビ,ゴム,ココア,コーヒーなどの栽培が盛んで,漁業も盛ん。市内には天涯海角,大東海水浴場などの観光名所が多く,海浜リゾート地となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三亜
さんあ / サンヤ

中国南部、海南(かいなん)省の海南島南端にある港湾、観光都市。地級市であり、4市轄区を管轄する(2016年時点)。人口57万2500(2015)。漢代から開け、旧名崖(がい)県。1984年崖県を廃して市となり、1987年地級市に昇格。熱帯気候で、夏はとくに高温多雨のため、水稲の三期作のほかサツマイモ、サトウキビ、ゴムなどの熱帯作物の栽培が盛んで、育種事業の中心地でもある。地下資源は田独(でんどく)鉄山で高品質の鉄鉱石を産する。北部山地では硬木を主とする用材を産し、ニレ林が繁る。沿岸には漁港が多く、南シナ海での漁業の基地である。製塩も盛んで、島内交通の一中心地であるとともに、広州(こうしゅう)、南シナ海島嶼(とうしょ)に航路が通じ、広州へは空路も開けている。また海南島の観光地としても知られ、海食崖の連なる天涯海角(てんがいかいかく)などの名勝がある。[河野通博・編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三亜の関連キーワードティエントー(田独)ハイナン(海南)省ホンチー(紅旗)鎮ライオンタマリンユイリン(楡林)南シナ海問題肉質鞭毛虫類マンサク科青銅器時代ヒザラガイ海南(省)脊索動物スズメ目チドリ目ニクダニ旧熱帯区サンヤー頭足類海南島タビラ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三亜の関連情報