コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三亜 さんあ

2件 の用語解説(三亜の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

三亜【さんあ】

中国,海南省南端の都市。明代には崖州と呼ばれた。1984年市となった。サトウキビ,ゴム,ココアコーヒーなどの栽培が盛んで,漁業も盛ん。市内には天涯海角,大東海水浴場などの観光名所が多く,海浜リゾート地となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三亜
さんあ / サンヤ

中国南部、海南(かいなん)省の海南島南端にある港湾、観光都市。地級市であり、4市轄区を管轄する(2016年時点)。人口57万2500(2015)。漢代から開け、旧名崖(がい)県。1984年崖県を廃して市となり、1987年地級市に昇格。熱帯気候で、夏はとくに高温多雨のため、水稲の三期作のほかサツマイモ、サトウキビ、ゴムなどの熱帯作物の栽培が盛んで、育種事業の中心地でもある。地下資源は田独(でんどく)鉄山で高品質の鉄鉱石を産する。北部山地では硬木を主とする用材を産し、ニレ林が繁る。沿岸には漁港が多く、南シナ海での漁業の基地である。製塩も盛んで、島内交通の一中心地であるとともに、広州(こうしゅう)、南シナ海島嶼(とうしょ)に航路が通じ、広州へは空路も開けている。また海南島の観光地としても知られ、海食崖の連なる天涯海角(てんがいかいかく)などの名勝がある。[河野通博・編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三亜の関連キーワード岳陽海南海南島弾詞遼東半島海南省威海衛桂林泉州鉄嶺

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三亜の関連情報