三十石(さんじっこく)

世界大百科事典 第2版の解説

さんじっこく【三十石】

落語の演題。別名は《三十石宝の入船(いりふね)》《三十石夢の通路(かよいじ)》など。もともとは上方落語《二人旅》の一節にあたる。京都見物後,淀川の三十石船大坂へ行く江戸っ子狂言回しにして,伏見船宿から乗船ののち,船頭の船唄を背景に,乗客のやりとりがにぎやかにおこなわれる。飲食物を売る〈食らわんか船〉が来て食事になると,ひとりの乗客の首がない。見ると,ろくろ首向こう岸うどん屋まで首をのばしてうどんを食べていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三十石
さんじっこく

落語。上方(かみがた)落語で、正しくは『三十石宝の入船』または『三十石夢の通路(かよいじ)』。『お伊勢(いせ)参り』の終編としてつくられたといわれる。大坂では文政(ぶんせい)年間(1818~30)に2代桂(かつら)文治が演じたといい、初代桂文枝から5代笑福亭松鶴(しょうふくていしょかく)を経て現代に及んでいる。東京へは、1884年(明治17)に4代橘家円喬(たちばなやえんきょう)が大阪から移し、5代・6代の三遊亭円生(えんしょう)に伝わり、今日に継承されている。
 三十石とは、江戸時代に淀川(よどがわ)の京伏見(ふしみ)と大坂八軒屋の間を往復した三十石船のこと。荷物30石のほかに客を乗せ、下り(京→大坂)は半日、上りは1日かかった。江戸下りの2人の旅人が、京の伏見から三十石の夜船に乗って淀川を下る風景をスケッチ風に描写する。伏見の船宿のようす、船中で船頭の舟唄(ふなうた)を背景に交わされる乗客たちの会話、食べ物を売りにくる「くらわんか船」のようすなど、風俗資料としても興趣にあふれている。登場人物の多彩さ、江戸、上方などの地方なまりの表現、聞かせどころの舟唄等々、演出は非常にむずかしい。本来の上方落語の落ちは今日では通用しないので、ろくろ首の乗客を登場させる東京式でサゲることもあるが、今日では船頭の舟唄までで切ることが多い。[関山和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さんじっ‐こく【三十石】

[1] 〘名〙 「さんじっこくぶね(三十石船)」の略。
俳諧西鶴大矢数(1681)第四「道中互に尻農の月〈魚市〉 散(ちる)柳乗はやらする三十石〈佐重〉」
浮世草子傾城色三味線(1701)湊「伏見へ朝食時に着て、京橋にてしたためし、是より三十石に乗って行に」
[2] 落語。大阪種。江戸っ子二人が京都見物をすませ、伏見から三十石の夜船で大阪へ下る、その船内の情景を描く。代表的な旅の話。オチはぶっつけおち。別名「三十石宝の入船」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三十石(さんじっこく)の関連情報