コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宝柑 サンボウカン

デジタル大辞泉の解説

さんぼう‐かん【三宝×柑】

《「さんぽうかん」とも》ミカン科の常緑中高木。和歌山県の原産。実は濃黄色、だるま形で、果柄部にこぶ状の突起がある。酸味が少なく甘い。 春》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

三宝柑

和歌山県で生産される柑橘類。実は約250~300g、果皮は鮮やかな黄色で厚く、枝つきの部分が膨らむ。果肉は爽やかな甘みがある。江戸時代から和歌山城内に原木があり、希少で美味であったことから、藩外不出の果実として、実を三方に乗せて殿様に献上したことからこの名がついたとされる。同県有田郡湯浅町栖原が主産地で、「栖原三宝柑」とも呼ばれる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

さんぼうかん【三宝柑】

〔「さんぽうかん」とも〕
ミカン類の一種。和歌山県原産。果実は中形で、淡黄色。早春に熟し、果皮は厚く、果肉は淡黄色で酸味が少ない。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

三宝柑 (サンポウカン)

学名:Citrus sulcata
植物。ミカン科の常緑低木

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

三宝柑の関連キーワード中形

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三宝柑の関連情報