コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三島船 さんとうせん

3件 の用語解説(三島船の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

さんとうせん【三島船】

上甲板上の船首・中央・船尾に船楼を備えた船。貨物船の標準的な船型。三楼型船。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三島船【さんとうせん】

スリーアイランダーの訳。上甲板上に前から船首楼,船橋楼(中央楼),船尾楼の三つを配置した船の形式。貨物船に多い。船体は,安全上許される最大喫水線まで貨物を満載してもさしつかえない強力な構造をもち,容積の割に重い貨物を積むのに適する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三島船
さんとうせん
three islands vessel

船首部・中央部・船尾部の上甲板から上に船楼が突き出た構造の船。それぞれ船首楼・船橋楼・船尾楼といい、遠くから見ると波間に三つの島のような船楼が見える。三島型船(みしまがたせん)、「みしまがた」ということもある。第二次世界大戦後ころまでは貨物船の標準型であったが、最近は船橋楼と船尾楼をつないで長船尾楼としたウェル甲板(こうはん)船(凹甲板船well deck vessel)や、全部の船楼をつないだ全通甲板船が多くなり、三島船はほとんど建造されない。[森田知治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三島船の言及

【船型】より

… 船の主要な部分を占める商船は,ほとんど排水量型の船型であるが,側面形状と船橋および機関室の配置によって,上部の概略の形が規定される。側面形状は船楼(甲板が一段高くなっている部分)の有無と位置によって,船楼をもたない平甲板船,基本的には平甲板船であるが凌波(りようは)性を高めるために船首楼を有する船首楼付き平甲板船,上甲板上の船首と船尾に船楼をもつ凹甲板船(ウェル甲板船),上甲板上の船首,中央および船尾に船楼をもつ三島船three islanderなどに分類される。船橋と機関室の位置によっては,船尾船橋船尾機関室型,中央船橋中央機関室型,準船尾船橋機関室型などに分類される。…

※「三島船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三島船の関連キーワードコニーアイランド甲板室シーアイランド綿主甲板上甲板アウターアイランズカレンダーアート甲板積みシースリーアイアンダーアーマー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone