コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三島霜川 みしまそうせん

百科事典マイペディアの解説

三島霜川【みしまそうせん】

小説家,劇評家。本名才二。富山県生れ。医学校済生学舎中退。徳田秋声と交わり,尾崎紅葉の門に入る。《埋れ井戸》(1898年)以下の浪漫的作風で認められたが,やがて虚無的な作風となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三島霜川 みしま-そうせん

1876-1934 明治-昭和時代前期の小説家,演劇評論家。
明治9年7月30日生まれ。徳田秋声の紹介で硯友(けんゆう)社員となり,明治31年「埋れ井戸」が「新小説」の懸賞に当選。代表作に「解剖室」。大正2年「演芸画報」にはいり,歌舞伎評に転じて「役者芸風記」をのこした。昭和9年3月7日死去。59歳。富山県出身。本名は才二。筆名は別に犀児,椋右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三島霜川の関連キーワード小説家

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android