三島霜川(読み)みしまそうせん

百科事典マイペディアの解説

三島霜川【みしまそうせん】

小説家,劇評家。本名才二。富山県生れ。医学校済生学舎中退。徳田秋声と交わり,尾崎紅葉の門に入る。《埋れ井戸》(1898年)以下の浪漫的作風で認められたが,やがて虚無的な作風となる。一時《解剖室》(1907年)で好評を博したが,《虚無》(同)の不評により創作から遠ざかった。のち犀児(さいじ),椋右衛門(むくえもん)の筆名で《演芸画報》に独特の劇評を書き,《役者芸風記》(1935年)にまとめられた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三島霜川 みしま-そうせん

1876-1934 明治-昭和時代前期の小説家,演劇評論家。
明治9年7月30日生まれ。徳田秋声の紹介で硯友(けんゆう)社員となり,明治31年「埋れ井戸」が「新小説」の懸賞に当選。代表作に「解剖室」。大正2年「演芸画報」にはいり,歌舞伎評に転じて「役者芸風記」をのこした。昭和9年3月7日死去。59歳。富山県出身。本名は才二。筆名は別に犀児,椋右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android