三度目の正直(読み)さんどめのしょうじき

ことわざを知る辞典「三度目の正直」の解説

三度目の正直

物事は、最初や二度でだめであっても、三度目にはしかるべき結果が得られる。

[使用例] 温泉で一泊して、翌日駒ケ岳へ登るつもりであった。しかし運がなかった。〈略〉そして今度が三度目の正直だった。しかもそれがあっけなく果たされた[深田久弥*瀟洒なる自然|1967]

[解説] 古くは、「三度目の神正直」といいました。三度目には本人の実力や運が発揮され、結果がよくなくてもあきらめがつく、ということ。また、「仏の顔も三度」や「二度あることは三度ある」など「三度」に関わることわざは多く、英語にも見られます。

[類句] 三度目はじょうの目

〔英語〕Third time lucky.(三度目の幸運)

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「三度目の正直」の解説

さんどめ【三度目】 の 正直(しょうじき)

勝負占いなどで最初や二度目はあてにならないが、三度目は確実であるということ。
※風流親日トリオ(1936)〈獅子文六〉四「ワシの云ふ通りにして見給へ。三度目(ドメ)の正直(シャウヂキ)といふことがある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「三度目の正直」の解説

三度目さんどめ正直しょうじき

占いや勝負で、一度や二度は当てにならないが、三度目は確実であるということ。転じて、物事は三度目には期待どおりの結果になるということ。三度目はじょうの目。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android