コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三度目の正直 サンドメノショウジキ

デジタル大辞泉の解説

三度(さんど)目の正直(しょうじき)

占いや勝負で、一度や二度は当てにならないが、三度目は確実であるということ。転じて、物事は三度目には期待どおりの結果になるということ。三度目は(じょう)の目。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんどめのしょうじき【三度目の正直】

最初の二回は失敗したりしてあてにならなくても、三回目はうまくゆくこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三度目の正直の関連キーワード占いあて最初

三度目の正直の関連情報