コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三村元親 みむら もとちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三村元親 みむら-もとちか

?-1575 織豊時代の武将。
三村家親の次男。備中(びっちゅう)(岡山県)松山城主。毛利氏とむすんで宇喜多直家に対抗したが,天正(てんしょう)元年毛利氏と宇喜多氏が和睦したため,毛利氏から離反。毛利・宇喜多連合軍の追討をうけて松山城に籠城,天正3年6月2日自害した。
【格言など】ひとたびは都の月と思ひしにわれ先づ夏の雲にかくるる(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三村元親の関連キーワード備中松山城跡備中松山城甫一検校宇喜多氏毛利氏

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android