コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三橋敏雄 みつはし としお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三橋敏雄 みつはし-としお

1920-2001 昭和-平成時代の俳人。
大正9年11月8日生まれ。昭和12年渡辺白泉の「風」に参加,新興俳句無季派の新人として注目される。西東三鬼(さいとう-さんき)にもまなび,戦後は「天狼」「面」「俳句評論」同人。61年から「壚坶(ローム)」監修。平成元年「畳の上」で蛇笏(だこつ)賞。平成13年12月1日死去。81歳。東京出身。実践商業卒。句集はほかに「まぼろし(ふか)」「真神」「しだらでん」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三橋敏雄の関連キーワード三橋 敏雄俳人

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android