三橋鷹女(読み)みつはし たかじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三橋鷹女 みつはし-たかじょ

1899-1972 昭和時代の俳人。
明治32年12月24日生まれ。原石鼎(せきてい)の「鹿火屋(かびや)」に入会,のち「鶏頭陣」「紺」などに参加。後年は「俳句評論」顧問。口語を駆使した奔放な作風を開拓。中村汀女(ていじょ),星野立子,橋本多佳子とともに4Tとよばれた。昭和47年4月7日死去。72歳。千葉県出身。成田高女卒。本名はたか子。別号に東文恵。句集に「白骨」など。
【格言など】白露や死んでゆく日も帯締めて(「白骨」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三橋鷹女の関連情報