三浦アンナ(読み)みうら アンナ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦アンナ みうら-アンナ

1894-1967 大正-昭和時代の美術史家。
1894年11月13日ドイツ生まれ。ドイツ初の女性神学博士。大正15年三浦耀(あきら)と結婚し来日。昭和6年夫の死後,三高,同志社大,京都帝大の講師をへて33年立大教授。キリスト教図像学を日本に最初に紹介した。昭和42年11月6日死去。72歳。ベルリン大卒。著作に「イエス幼年時代」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android