コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三盆白 さんぼんじろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三盆白
さんぼんじろ

三盆,和白ともいう。独特の手法により,四国地方で家内工業的に生産される分蜜白糖の一種で,近代工業的に生産される精製砂糖の上白に相当する。薄い黄みを帯びた粉末糖で,特殊の風味があるため高級和菓子の原料として用いられる。製法は,糖汁を煮つめてできたおりを除いた清澄液をさらに煮つめるとできる白下 (しろした) を木綿袋に入れ,力を加えて分蜜する。次いで,砂糖を団子状にして水打ちしながら練合せ,これを繰返し,再び袋に入れ分蜜する。この分蜜操作を5回行なったものを並三盆,6回以上行なったものを上三盆という。分蜜を終えた固塊状の糖を砕き,篩 (ふるい) を通過したものが和三盆である。歩どまりは 37%,糖度は約 96%。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さんぼん‐じろ【三盆白】

三盆

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三盆白
さんぼんじろ

四国地方で古くからつくられてきた白砂糖。車糖(くるまとう)の一種で、結晶の細かい分蜜(ぶんみつ)白糖である。現在ではこの砂糖をとくに和三盆とよんでいる。[河野友美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三盆白の関連キーワード東かがわ市河野友美初雁城引田雪白

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android