三管四職(読み)さんかんししき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「三管四職」の解説

三管四職
さんかんししき

室町幕府の重職である管領 (かんれい) と侍所頭人 (さむらいどころとうにん) に補せられる家柄。管領には斯波細川畠山の3家が,侍所頭人には赤松一色山名京極の4家が交代で補せられたのでこう呼ばれた。このように管領,侍所頭人になる家柄が定まったのは,3代将軍足利義満の代である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「三管四職」の解説

三管四職【さんかんししき】

四職

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android