三管四職(読み)さんかんししき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「三管四職」の解説

三管四職
さんかんししき

室町幕府の重職である管領 (かんれい) と侍所頭人 (さむらいどころとうにん) に補せられる家柄。管領には斯波細川畠山の3家が,侍所頭人には赤松一色山名京極の4家が交代で補せられたのでこう呼ばれた。このように管領,侍所頭人になる家柄が定まったのは,3代将軍足利義満の代である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android