三菱UFJ銀行(読み)みつびしユーエフジェーぎんこう(英語表記)MUFG Bank, Ltd.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三菱UFJフィナンシャル・グループの基幹銀行。2006年1月東京三菱銀行UFJ銀行が合併し,三菱東京UFJ銀行として発足。2018年4月,現行名に変更。両行の持株会社は 2005年10月1日に経営統合し,総資産が当時約 200兆円と世界最大,口座数約 4000万に達する三菱UFJフィナンシャル・グループが誕生した。三菱東京UFJ銀行も同日発足するはずだったが,金融庁からシステム統合の準備が不十分と指摘され,3ヵ月延期された。東京三菱銀行首都圏地盤とし,三菱グループなどの大企業取り引きに強い一方で,旧三和銀行,旧東海銀行が合併した UFJ銀行は大阪,名古屋を地盤とし,中小企業取り引きに強く,相互補完関係がある。三菱UFJフィナンシャル・グループの誕生で,日本国内の大手金融グループは,みずほフィナンシャルグループ三井住友フィナンシャルグループを含めた 3陣営に集約された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三菱UFJ銀行の関連情報