コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京三菱銀行 とうきょうみつびしぎんこう

2件 の用語解説(東京三菱銀行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京三菱銀行
とうきょうみつびしぎんこう

三菱東京フィナンシャル・グループの基幹銀行。 1996年4月に東京銀行三菱銀行が合併して発足。日本唯一の外国為替専門銀行であった東京銀行のもつ国際的なネットワークおよび経験と,三菱グループの中核として堅実経営をモットーにしていた三菱銀行のもつ企業向け取り引きにおける実績,および個人向け商品の開発能力が一体となり,資金量も含め日本一の規模となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京三菱銀行
とうきょうみつびしぎんこう

都市銀行の旧名称。1996年(平成8)4月1日に東京銀行と三菱銀行が合併した、当時では日本最大規模の銀行で、2005年3月末の預金量は53兆円に及んだ。合併の目標は、幅広い顧客のニーズに迅速かつ的確に対応、グローバルな銀行、行員の能力発揮、経営の合理化と財務体質の改善であったが、三菱グループの中心として優良企業を取引先にもつ三菱銀行と、横浜正金銀行以来の国際業務に精通しているが国内に弱みのあった東京銀行の合併は相互に補完しあうものとして評価された。とくに東京銀行は旧外国為替(かわせ)専門銀行で金融債の発行が可能であったので、金融業務の自由化いわゆるビッグバンの進むなかで有力な金融業務をもつフルライン銀行として位置づけられた。バブル崩壊後に大手金融機関が不良債権処理に直面するなかで、いち早くアメリカの証券取引委員会(SEC)基準に準拠した不良債権の開示を行うなど先進的な銀行として高い評価を得、海外の格づけ機関の評価も高かった。2001年4月には三菱信託銀行、日本信託銀行との経営統合により共同持株会社(三菱東京フィナンシャル・グループ)を設立(なお、三菱信託銀行、日本信託銀行は2001年10月に東京信託銀行と合併し、社名を三菱信託銀行とした。2005年10月にUFJ信託銀行と合併、三菱UFJ信託銀行となる)、さらに三菱東京フィナンシャル・グループは、2005年10月にUFJホールディングスと合併、三菱UFJフィナンシャル・グループとなり、東京三菱銀行はその傘下となった。2006年1月には同グループのUFJ銀行と合併、三菱東京UFJ銀行となった。2005年3月末時点の東京三菱銀行の資本金9970億円、総資産81兆1102億円、国内店舗数278、海外拠点数73であった。[村本 孜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東京三菱銀行の関連キーワード三菱東京UFJ銀行ファイナンシャルフィナンシャル三菱UFJフィナンシャル・グループふくおかフィナンシャルグループ山口フィナンシャルグループみずほフィナンシャルグループあかつきフィナンシャルグループほくほくフィナンシャルグループ三井住友フィナンシャルグループ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東京三菱銀行の関連情報