コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三輪田米山 みわだ べいざん

2件 の用語解説(三輪田米山の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

三輪田米山

神官・書家。伊予生。伊予松山の日尾八幡神社神官三輪田清敏の長男、勤王家三輪田高房・元綱は弟。名は常貞・清門、幼名は秀雄。字は子謙、別号は得正軒主人。国学者大国隆正に師事し、国学・漢学・和歌に精通した。書は僧明月・松山藩儒日下陶渓細井広沢の法を学ぶ。明月・僧懶翁と共に伊予の三筆の一人。明治41年(1908)歿、88才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三輪田米山 みわだ-べいざん

1821-1908 幕末-明治時代の書家。
文政4年1月10日生まれ。三輪田高房,三輪田元綱の兄。伊予(いよ)久米村(松山市)の日尾八幡神社の神職。古法帖(こほうじょう)で独習,王羲之(おう-ぎし)の書を生涯の目標とし,奔放自在と評される書をのこした。明治41年11月3日死去。88歳。名は常貞,清門。字(あざな)は子謙。別号に得正軒主人。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

三輪田米山の関連キーワード葉東谷呂世宜小西有実佐瀬得所関雪江妹尾徳風高林二峰新岡旭宇平戸星洲巻菱潭

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三輪田米山の関連情報