コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三輪田元綱 みわだ もとつな

美術人名辞典の解説

三輪田元綱

幕末・維新期の勤王家。通称綱一郎。伊予生。伊予松山日尾八幡祠官の子。京都に出て大国隆正に学び、国学を修め、勤王の志士となり活動する。文久3年等持院足利三代木像梟首事件に関わり、但馬国豊岡に幽閉された。慶応3年放免され、維新後は神祇権少祐から外務権大丞を歴任した。贈従五位。明治12年(1879)歿、52才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三輪田元綱 みわだ-もとつな

1828-1879 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政11年6月21日生まれ。三輪田真佐子の夫。伊予(いよ)(愛媛県)日尾八幡宮祠官の3男。大国隆正に国学をまなぶ。文久3年(1863)同志とともに足利氏木像梟首(きょうしゅ)事件をおこし,但馬(たじま)(兵庫県)豊岡に幽閉された。維新後は外務権大丞(ごんのだいじょう)となるが,病により帰郷。明治12年1月14日死去。52歳。通称は綱一郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三輪田元綱

没年:明治12.1.14(1879)
生年:文政11.6.21(1828.8.1)
幕末維新期の尊攘派志士。元綱は名,通称綱一郎。伊予国久米郡久米村(愛媛県松山市)の日尾八幡宮神官三輪田清敏の3男。母は米。伊予国大洲出身の国学者常磐井厳戈,矢野玄道らと交わり,京都に出て大国隆正に学ぶ。文久3(1863)年尊攘行動の一還として,京都等持院に安置されていた足利3代の木像の首を切って三条大橋下の河原に梟すという,いわゆる足利事件に加わる。そのため幕吏に捕らえられ,但馬国(兵庫県)豊岡に幽閉された。慶応3(1867)年12月に許され,維新政府に登用されて外務権大丞にまで昇進するが,のち郷里に戻り神官を勤めた。なお夫人の真佐子は女子教育家。

(高木俊輔)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三輪田元綱
みわだもとつな

[生]文政11(1828).松山
[没]1879.1.14. 東京
江戸時代末期の尊王論者。伊予日尾八幡宮の神官の子。通称,綱一郎。京都で大国隆正に国学を学び尊王論者となり,文久3 (1863) 年2月同志とともに等持院の足利尊氏ら3代の木像の首を切って三条大橋に梟首した (→足利氏木像梟首事件 ) 。王政復古後,神祇権少祐,外務権大丞となった。著書に『長暦陰陽』がある。夫人真佐子は教育者として名高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の三輪田元綱の言及

【三輪田真佐子】より

…松山藩の儒者宇田淵(栗園)の娘で,漢学,詩文,和歌に長じていた。1869年(明治2)三輪田元綱と結婚したが,夫と死別後,87年に上京し翠松学舎を開いた。1902年には三輪田女学校(三輪田学園女子中・高校の前身)を創設,〈未来の海国児童軍国児童の母〉養成に本格的にのりだす。…

※「三輪田元綱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

三輪田元綱の関連キーワード三輪田 真佐子三輪田綱一郎三輪田米山三輪田高房師岡正胤吉田芳充運動家

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android