コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三鬼隆 みき たかし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三鬼隆 みき-たかし

1892-1952 昭和時代の経営者。
明治25年1月14日生まれ。三鬼鑑太郎の次男。釜石鉱山(のち日本製鉄に合同)にはいり,昭和20年八幡(やはた)製鉄所長,21年日本製鉄社長。同社の分割により25年八幡製鉄の初代社長となった。日本鉄鋼連盟会長。昭和27年4月9日日航機「もく星号」の墜落事故で死去。60歳。岩手県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三鬼隆の関連キーワードもく星号事故昭和時代

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android