コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸井貫一 もろいかんいち

2件 の用語解説(諸井貫一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

諸井貫一
もろいかんいち

[生]1896.1.11. 東京
[没]1968.5.21.
昭和期の実業家。東京帝国大学を卒業後,母校で工業経済学の講師となったが,1928年,父が経営する秩父セメントに入社し取締役に就任。 48年に社長となり,秩父鉄道会長,埼玉銀行会長を兼任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諸井貫一 もろい-かんいち

1896-1968 昭和時代の経営者,財界人。
明治29年1月11日生まれ。諸井恒平(つねへい)の長男。母校東京帝大で工業経済学の講師をつとめ,大正14年秩父(ちちぶ)セメントにはいる。昭和12年常務,23年社長。経済同友会,経団連などの設立に参画,23年日経連の初代代表常任理事。昭和43年5月21日死去。72歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の諸井貫一の言及

【経済同友会】より

…第2次大戦中まで経済界を指導した人々の多くが戦後に公職を追放され,財界も空白状態を呈していた。こうした状況のなかで,1946年3月11日の日本産業協議会(日産協)準備会結成に続き,4月30日に秩父セメント社長諸井貫一をリーダーとする大企業の若手経営者を中心に同友会は組織された。初代の当番幹事は諸井のほか,日産協事務局長郷司浩平,同顧問帆足計。…

【日本経営者団体連盟】より

…しかし組合対策だけが日経連の主要活動ではない。初代代表常任理事諸井貫一(秩父セメント社長,1896‐1968)は経営者啓蒙を第一任務とし,続く桜田武会長(日清紡社長)も78年創立30年記念総会で,経営モラルの確立,人間関係の重視,社会的貢献を創立以来の三大使命に掲げた。なお日経連は,創立当初は代表常任理事制だったが,1949年5月以降は会長制をとっている。…

※「諸井貫一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

諸井貫一の関連キーワード大原総一郎岩崎あい太田垣士郎神部満之助田中百畝檜垣文市平井泰太郎福田千里宮脇先和田完二

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone