コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一万田尚登 いちまだひさと

4件 の用語解説(一万田尚登の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一万田尚登
いちまだひさと

[生]1893.8.12. 大分
[没]1984.1.22. 東京
日本銀行総裁,政治家。東京大学を卒業し日銀に入る。 1944年理事,46年 18代総裁となり,54年鳩山内閣の蔵相となるまで,8年6ヵ月の長期間在任。第2次世界大戦後の経済再建期の金融界に君臨し,一万田法王と呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いちまだ‐ひさと【一万田尚登】

[1893~1984]政治家。大分の生まれ。昭和21年(1946)日本銀行総裁となり、第二次大戦後の復興に尽力。サンフランシスコ講和会議では全権委員として交渉に当たった。総裁退任後は鳩山一郎内閣の大蔵大臣に就任、続く衆議院議員選挙に当選し、政治家として活躍した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一万田尚登 いちまだ-ひさと

1893-1984 昭和時代の銀行家,政治家。
明治26年8月12日生まれ。日本銀行にはいり,大阪支店長などをへて,昭和21年総裁。以後8年半,インフレ抑制策を中心に戦後の金融政策を推進。銀行界などにつよい発言力をもち,「法王」とよばれた。29年から蔵相4回。30年衆議院議員(当選5回,自民党)。昭和59年1月22日死去。90歳。大分県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一万田尚登
いちまだひさと
(1893―1984)

日銀総裁、政治家、蔵相。大分県出身。東京帝国大学法科卒業。1918年(大正7)日本銀行に入り、京都支店長、考査部長などを経て、1944年(昭和19)理事。1946年(昭和21)第18代日本銀行総裁となり戦後インフレの抑制に努める。その間、1951年9月サンフランシスコ講和会議の全権委員となる。1954年日銀総裁を辞任、同年第一次鳩山一郎(はとやまいちろう)内閣に蔵相として入閣、以後第二次、第三次鳩山、第一次岸信介(のぶすけ)各内閣の蔵相を歴任し、デフレ政策を実行、「一万田法王」の異名でよばれた。1969年政界から引退。[宮 章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一万田尚登の関連キーワード銀行家石井光雄小田切武林串田万蔵酒井杏之助二見貴知雄堀武芳森永助横田郁渡辺義郎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一万田尚登の関連情報