コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一万田尚登 いちまだひさと

4件 の用語解説(一万田尚登の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一万田尚登
いちまだひさと

[生]1893.8.12. 大分
[没]1984.1.22. 東京
日本銀行総裁,政治家。東京大学を卒業し日銀に入る。 1944年理事,46年 18代総裁となり,54年鳩山内閣の蔵相となるまで,8年6ヵ月の長期間在任。第2次世界大戦後の経済再建期の金融界に君臨し,一万田法王と呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いちまだ‐ひさと【一万田尚登】

[1893~1984]政治家。大分の生まれ。昭和21年(1946)日本銀行総裁となり、第二次大戦後の復興に尽力。サンフランシスコ講和会議では全権委員として交渉に当たった。総裁退任後は鳩山一郎内閣の大蔵大臣に就任、続く衆議院議員選挙に当選し、政治家として活躍した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一万田尚登 いちまだ-ひさと

1893-1984 昭和時代の銀行家,政治家。
明治26年8月12日生まれ。日本銀行にはいり,大阪支店長などをへて,昭和21年総裁。以後8年半,インフレ抑制策を中心に戦後の金融政策を推進。銀行界などにつよい発言力をもち,「法王」とよばれた。29年から蔵相4回。30年衆議院議員(当選5回,自民党)。昭和59年1月22日死去。90歳。大分県出身。東京帝大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一万田尚登
いちまだひさと
(1893―1984)

日銀総裁、政治家、蔵相。大分県出身。東京帝国大学法科卒業。1918年(大正7)日本銀行に入り、京都支店長、考査部長などを経て、1944年(昭和19)理事。1946年(昭和21)第18代日本銀行総裁となり戦後インフレの抑制に努める。その間、1951年9月サンフランシスコ講和会議の全権委員となる。1954年日銀総裁を辞任、同年第一次鳩山一郎(はとやまいちろう)内閣に蔵相として入閣、以後第二次、第三次鳩山、第一次岸信介(のぶすけ)各内閣の蔵相を歴任し、デフレ政策を実行、「一万田法王」の異名でよばれた。1969年政界から引退。[宮 章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

一万田尚登の関連キーワード度量衡任意出頭被疑者東京大学新興市場燃料棒レジ袋有料化J3PISA合併特例法

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一万田尚登の関連情報