コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上咽頭(鼻咽腔)線維腫 じょういんとうびいんくうせんいしゅ Nasopharyngeal Angiofibroma

1件 の用語解説(上咽頭(鼻咽腔)線維腫の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

じょういんとうびいんくうせんいしゅ【上咽頭(鼻咽腔)線維腫 Nasopharyngeal Angiofibroma】

[どんな病気か]
 上咽頭にもっともよく発生する良性腫瘍りょうせいしゅよう)で、発生頻度は頭頸部腫瘍(とうけいぶしゅよう)全体の0.05%程度です。かつては10歳代の若い人に多いことから、若年性上咽頭線維腫(じゃくねんせいじょういんとうせんいしゅ)と呼ばれましたが、最近は、たんに上咽頭線維腫と呼ばれることが多いようです。良性腫瘍ですが、周囲の組織を圧迫・進展していく悪性腫瘍と同様の経過をとります。
[症状]
 長期にわたる鼻づまり、くり返しおこる大量の鼻出血(びしゅっけつ)、鼻声などが特徴です。
 腫瘍の発育はゆっくりですが、大きくなると周囲の器官を圧迫し、これによる障害が出てきます。鼻腔(びくう)と中耳腔(ちゅうじくう)をつなぐ開口部を圧迫すると、耳がつまった感じ(耳閉感(じへいかん))や難聴(なんちょう)をおこします。さらに大きくなると眼球突出(がんきゅうとっしゅつ)や頸部の腫脹(しゅちょう)がみられたり、また頭蓋内(ずがいない)に進展すると、頭蓋内圧亢進(ずがいないあつこうしん)症状 (「頭蓋内圧亢進/脳ヘルニア」)がみられるようになります。
[治療]
 この病気の診断には内視鏡、CT、MRIなどが有効です。治療は、手術で腫瘍を摘出します。
 この腫瘍は、血管が豊富で非常に出血が多いため、最近は、血管造影により腫瘍に血液を送っている血管をつめ、腫瘍への血流を少なくしてから手術することも行なわれています。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

上咽頭(鼻咽腔)線維腫の関連キーワード最後に笑う者が最もよく笑う何心地不死身まずめ尤もらしい咽頭化咽頭歯ホットモックホットモックアップエプスタイン-バーウイルス