コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中層雲 チュウソウウン

4件 の用語解説(中層雲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゅうそう‐うん【中層雲】

対流圏の中層、温帯地方で2~7キロの高さに生じる雲。高積雲など。→上層雲下層雲

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中層雲【ちゅうそううん】

高さ2km以上で上層雲よりは低い範囲に生じる雲。上限は温帯で7km,熱帯で8km,極地方で4km程度。十種雲形のうちでは高積雲。以前は高層雲も含めていたが上層にまで広がっていることが多いため,現在では中層雲とはしない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ちゅうそううん【中層雲】

中緯度地方において、ほぼ2~7キロメートルの高さに現れる雲。主要なものは高積雲。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中層雲
ちゅうそううん

雲の高さを対流圏の下層、中層、上層に分けたとき、中層にできる雲を中層雲という。高度は高緯度で2~4キロメートル、中緯度で2~7キロメートル、低緯度で2~8キロメートル程度。代表的な中層雲は高積雲。高層雲、乱層雲も中層雲であることが多い。上層雲の巻雲(けんうん)、下層雲の晴天積雲と異なり、中層雲は水平に広がっていることが多い。これは、中層雲が、温暖前線面などの気温の不連続面に沿った広範囲の弱い上昇気流が原因で生じるからである。[木村龍治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中層雲の関連キーワード本曇乱層雲巻層雲雲級下層雲巻層雲・絹層雲上層雲敷設固定相場制(Fixed Exchange Rate System)層状雲

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone