コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中層雲 チュウソウウン

百科事典マイペディアの解説

中層雲【ちゅうそううん】

高さ2km以上で上層雲よりは低い範囲に生じる雲。上限は温帯で7km,熱帯で8km,極地方で4km程度。十種雲形のうちでは高積雲。以前は高層雲も含めていたが上層にまで広がっていることが多いため,現在では中層雲とはしない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうそううん【中層雲】

中緯度地方において、ほぼ2~7キロメートルの高さに現れる雲。主要なものは高積雲。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中層雲
ちゅうそううん

雲の高さを対流圏の下層、中層、上層に分けたとき、中層にできる雲を中層雲という。高度は高緯度で2~4キロメートル、中緯度で2~7キロメートル、低緯度で2~8キロメートル程度。代表的な中層雲は高積雲。高層雲、乱層雲も中層雲であることが多い。上層雲の巻雲(けんうん)、下層雲の晴天積雲と異なり、中層雲は水平に広がっていることが多い。これは、中層雲が、温暖前線面などの気温の不連続面に沿った広範囲の弱い上昇気流が原因で生じるからである。[木村龍治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中層雲の関連キーワード気象衛星雲型判別井手 逸郎低気圧層状雲高曇

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android