コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上津江 かみつえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上津江
かみつえ

大分県西部,日田市南部の旧村域。大山川上流の津江川流域に位置し,熊本県に接する。 1889年上野田村と川原村が合体して上津江村が成立。 2005年日田市に編入。大部分が林野で,良質の杉材が産出される。シイタケを特産。川原川,上野田川などの河川ではウグイヤマメ,アユなどが釣れる。一部は津江山系県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上津江
かみつえ

大分県西部、日田(ひた)郡にあった旧村名(上津江村(むら))。現在は日田市の南端部にあたる地域。2005年(平成17)日田市に編入。旧村名は古代末期以来の地方名(津江山)にちなむ。筑後(ちくご)川支流の津江川上流、標高300~1180メートルの洪積世安山岩山地で、国道387号が通じる。風化土壌が深く、気候も温暖多雨で、スギの生育がよい。シイタケの産も多い。熊本県境に展望のよい尾ノ岳がある。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

上津江の関連キーワード大分県日田市日田(市)前津江

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上津江の関連情報