コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上都遺跡 じょうといせきShang-tu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上都遺跡
じょうといせき
Shang-tu

中国,内モンゴル(蒙古)自治区ドロンノール(多倫諾爾)北西にあるの都城址。フビライ・ハンが憲宗6(1256)年,劉秉忠に命じて居城として建築,開平府といった(→上都開平府)。のち即位して都としたが,至元2(1265)年に新城大都が築城されると上都と改称,元朝歴代の皇帝の避暑地となった。至正18(1358)年,同23(1363)年紅巾軍の攻撃を受け,元の滅亡とともに廃墟化した。1937年に東亜考古学会により調査が行なわれた。それによると内城と外城の別があり,外城には 2寺院が設けられ,外城の北西に外苑を付設している。外城はほぼ正方形で 1辺約 1.4kmである。2012年,世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android