コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下り上る オリノボル

デジタル大辞泉の解説

おり‐のぼ・る【下り上る】

[動ラ四]
高い所と低い所との間をおりたりのぼったりする。のぼりおりする。
「この国の海山より竜は―・るものなり」〈竹取
貴人の御前に出仕し、退出する。
「女房ぞ弘徽殿に局して―・りける」〈栄花・殿上の花見〉
都と地方との間を往復する。
「肥前の松浦より都へ一日に―・る馬」〈平家・七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おりのぼる【下り上る】

( 動四 )
おりたりのぼったりする。 「此国の海山より、竜たつは-・る物也/竹取」
宮中へ参内したり退出したりする。また、格式の高い部屋と低い部屋の間を行き来する。 「殿上のそばより-・らせ給ふ/栄花 根合
都と地方の間を往復する。 「肥前の松浦より都へ一日に-・る馬/平家 7

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone