弘徽殿(読み)こきでん

  • (別題)
  • (通称)
  • こうきでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

「こうきでん」とも読み,殿,弘暉殿,洪輝殿とも書く。平安京内裏殿舎の一つ。麗景殿に相対し清涼殿の北に位置する後宮の一つ。天皇仁寿殿 (にんじゅでん) から清涼殿へ日常の居所を変えると,常寧殿を居所としていた皇后中宮,女御などを弘徽殿へ移した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

平安宮内裏(だいり)の後宮(こうきゅう)の殿舎の一つ。後宮の南西隅で清涼殿の北にある。皇后,中宮(ちゅうぐう),女御(にょうご)などの居所。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

洪輝殿,弘輝殿,弘暉殿とも記す。平安宮内裏の後宮の殿舎。中宮,女御らの居住した所。常寧殿の南西方に位置し,東の麗景殿に相対する。875年(貞観17)にその存在が確認できる。南北棟建物で,東面を正面とする。身舎は桁行7間,梁行2間で,四面に(ひさし),さらに東面に孫廂がつく。身舎は中央に馬道が通り,南北各3間の二つの部分に分けられ,北の西半は塗籠に造って収蔵施設に用い,納殿という。西廂は南北に細く通じているので,細殿と称する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こきでん弘徽殿
こうきでんとも
平安京内裏だいりで、清涼殿の北にある建物。後宮の一つで、皇后・中宮などの住まいであった。 → 内裏
に住む女性の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

「こうきでん」とも読み、洪輝殿、弘輝殿、弘宜殿とも書く。平安宮内裏(だいり)の殿舎の名。清涼殿(せいりょうでん)の北にあり、南北7間、東西2間の母屋(もや)の四面に廂(ひさし)、東に孫廂がある東向きの建物。中央に馬道(めどう)が通り、南北に分かれる。皇后、中宮、女御(にょうご)などの居所で、後宮のなかではもっとも清涼殿に近い。西廂は細殿(ほそどの)ともよばれ、『源氏物語』「花の宴」で、光源氏が紫宸殿(ししんでん)の観桜の宴の夜、ここで「朧月夜(おぼろづきよ)」という女性と出会う場面はよく知られている。[吉田早苗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

源氏(1001‐14頃)乙女「こうきでんのまつ人よりさきにまゐりにしもいかがなど」
[1] 平安内裏の後宮の殿舎の一つ。清涼殿の北、麗景殿と相対して、その西にあり、皇后、中宮、女御などの居所として使われた。母屋は中央を馬道(めどう)で南北二つに分け、東は渡廊により常寧殿へ、北は切馬道によって登華殿に通じていた。西庇は長さ九間、南北に細く通じているので細殿ともいわれた。洪輝殿、弘輝殿、弘宜殿とも書く。こうきでん。
※三代実録‐貞観一七年(875)二月一四日「天皇暫避仁寿殿。御弘徽殿
※源氏(1001‐14頃)絵合「こき殿は、その頃世に珍しくをかしきかぎりを、選り書かせ給へれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

歌舞伎・浄瑠璃外題
元の外題
かうき殿
初演
延宝3.5(江戸・大和守邸)
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
弘徽殿嫐車
初演
享保9.1(大坂・榊山座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android