コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弘徽殿 こきでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弘徽殿
こきでん

「こうきでん」とも読み,輝殿,弘暉殿,洪輝殿とも書く。平安京内裏殿舎の一つ。麗景殿に相対し清涼殿の北に位置する後宮の一つ。天皇が仁寿殿 (にんじゅでん) から清涼殿へ日常の居所を変えると,常寧殿を居所としていた皇后中宮女御などを弘徽殿へ移した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうき‐でん【弘徽殿】

こきでん」に同じ。

こき‐でん【弘徽殿】

平安京内裏十七殿の一。清涼殿の北にあり、皇后中宮女御などの住居。こうきでん。
に住む皇后・中宮・女御などの女性の称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

弘徽殿【こきでん】

平安宮内裏(だいり)の後宮(こうきゅう)の殿舎の一つ。後宮の南西隅で清涼殿の北にある。皇后,中宮(ちゅうぐう),女御(にょうご)などの居所。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こきでん【弘徽殿】

洪輝殿,弘輝殿,弘暉殿とも記す。平安宮内裏の後宮の殿舎。中宮,女御らの居住した所。常寧殿の南西方に位置し,東の麗景殿に相対する。875年(貞観17)にその存在が確認できる。南北棟建物で,東面を正面とする。身舎は桁行7間,梁行2間で,四面に廂(ひさし),さらに東面に孫廂がつく。身舎は中央に馬道が通り,南北各3間の二つの部分に分けられ,北の西半は塗籠に造って収蔵施設に用い,納殿という。西廂は南北に細く通じているので,細殿と称する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうきでん【弘徽殿】

こきでん【弘徽殿】

〔「こうきでん」とも〕
平安京内裏だいりで、清涼殿の北にある建物。後宮の一つで、皇后・中宮などの住まいであった。 → 内裏
に住む女性の称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弘徽殿
こきでん

「こうきでん」とも読み、洪輝殿、弘輝殿、弘宜殿とも書く。平安宮内裏(だいり)の殿舎の名。清涼殿(せいりょうでん)の北にあり、南北7間、東西2間の母屋(もや)の四面に廂(ひさし)、東に孫廂がある東向きの建物。中央に馬道(めどう)が通り、南北に分かれる。皇后、中宮、女御(にょうご)などの居所で、後宮のなかではもっとも清涼殿に近い。西廂は細殿(ほそどの)ともよばれ、『源氏物語』「花の宴」で、光源氏が紫宸殿(ししんでん)の観桜の宴の夜、ここで「朧月夜(おぼろづきよ)」という女性と出会う場面はよく知られている。[吉田早苗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

弘徽殿の関連キーワード登花殿・登華殿浜松中納言物語百敷・百磯城弘徽殿の女御偐紫田舎源氏散れ・別れ昆明池障子令子内親王上東門院藤原嫄子藤原忯子下り上る藤原義忠藤原温子赤染衛門藤原義子藤原遵子藤原述子荒海障子藤原生子

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android