コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下北丘陵 しもきたきゅうりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下北丘陵
しもきたきゅうりょう

青森県北東部,奥羽山脈から派生した丘陵。砂子又 (すなこまた) 丘陵ともいう。下北半島頸部の野辺地町付近から北に延び,中央部に石川台 (339m) ,吹越 (ふつこし) 烏帽子岳 (508m) などがある。下北半島北東端の尻屋崎海中に没す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しもきた‐きゅうりょう〔‐キウリヨウ〕【下北丘陵】

青森県下北半島の東側にある丘陵。金津山(標高520メートル)・吹越烏帽子(ふっこしえぼし)(標高508メートル)などの低山がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕下北丘陵(しもきたきゅうりょう)


青森県北東部、下北半島東部を占める丘陵。半島北東端の尻屋(しりや)崎から南に半島基部まで延びる。南北に細長い低山地帯で、最高点は上北(かみきた)郡横浜(よこはま)町と同六ヶ所(ろっかしょ)村の境にある標高661m地点。南部に尾駮(おぶち)沼・鷹架(たかほこ)沼などの潟湖(せきこ)が点在。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下北丘陵
しもきたきゅうりょう

青森県北東部に突出する下北半島の東部を占める丘陵。斧(おの)の形をした半島の柄(え)の部分を構成する。標高は80~200メートルで、最高点は金津(かねづ)山(520メートル)。森林に覆われるが、一部に草地があり、牧野に利用されている。青谷川、奥内川などの小河川が丘陵を開析し、流域にはわずかに水田がみられる。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

下北丘陵の関連キーワード六ヶ所[村]東通[村]横浜[町]六ヶ所村東通村横浜町潟湖上北

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android