コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下北丘陵 しもきたきゅうりょう

4件 の用語解説(下北丘陵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下北丘陵
しもきたきゅうりょう

青森県北東部,奥羽山脈から派生した丘陵。砂子又 (すなこまた) 丘陵ともいう。下北半島頸部の野辺地町付近から北に延び,中央部に石川台 (339m) ,吹越 (ふつこし) 烏帽子岳 (508m) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しもきた‐きゅうりょう〔‐キウリヨウ〕【下北丘陵】

青森県下北半島の東側にある丘陵。金津山(標高520メートル)・吹越烏帽子(ふっこしえぼし)(標高508メートル)などの低山がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕下北丘陵(しもきたきゅうりょう)


青森県北東部、下北半島東部を占める丘陵。半島北東端の尻屋(しりや)崎から南に半島基部まで延びる。南北に細長い低山地帯で、最高点は上北(かみきた)郡横浜(よこはま)町と同六ヶ所(ろっかしょ)村の境にある標高661m地点。南部に尾駮(おぶち)沼・鷹架(たかほこ)沼などの潟湖(せきこ)が点在。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下北丘陵
しもきたきゅうりょう

青森県北東部に突出する下北半島の東部を占める丘陵。斧(おの)の形をした半島の柄(え)の部分を構成する。標高は80~200メートルで、最高点は金津(かねづ)山(520メートル)。森林に覆われるが、一部に草地があり、牧野に利用されている。青谷川、奥内川などの小河川が丘陵を開析し、流域にはわずかに水田がみられる。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下北丘陵の関連キーワード恐山山地上北下北半島国定公園津軽半島下北青森県下北郡佐井村青森県下北郡東通村青森県上北郡横浜町青森県上北郡六戸町東通[村]

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone