砂子(読み)スナゴ

精選版 日本国語大辞典の解説

すな‐ご【砂子】

〘名〙
※書紀(720)孝徳元年一二月(寛文版訓)「沙(スナコ)の上に跡有り。耕田(たつく)れる状の如し」
② 金銀箔の粉で、蒔絵・襖紙・色紙・短冊などに吹きつけたもの。
※多聞院日記‐天正一二年(1584)一二月二五日「京より扇持下、すなこ〈一貫にて五十本〉十本つつを二百本持下」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の砂子の言及

【日本画】より

…ほかに合成絵具,棒絵具,泥絵具,顔彩などがある。絵具
[箔,泥,砂子]
 箔(はく)には金,銀をはじめとし,プラチナなどが用いられる。金箔には厚さの違いと,銀や銅との合金による色の差があり,純金箔,山吹,青金(あおきん),水金などと呼ばれる。…

【料紙装飾】より

…また正倉院文書に〈金薄敷縹紙(きんはくちらしのはなだかみ)〉〈金塵紫紙(きんじんむらさきのかみ)〉〈銀塵紅紙(ぎんじんくれないのかみ)〉などがみえる。〈薄(はく)〉は〈箔(はく)〉であり,〈塵(じん)〉は〈砂子(すなご)〉で,金・銀の切箔や砂子をまいた紙が作られていたことを示す。実物では緑色の紙の表にまばらに金粉をまいた〈緑金箋(りよくきんせん)〉があり,文書にみえる〈金塵緑紙〉に相当するものである。…

※「砂子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砂子の関連情報