コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂子 スナゴ

デジタル大辞泉の解説

すな‐ご【砂子】

砂。いさご。まさご。
金銀の箔を細かい粉にしたもの。蒔絵(まきえ)・色紙(しきし)・襖紙(ふすまがみ)などの装飾に用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の砂子の言及

【日本画】より

…ほかに合成絵具,棒絵具,泥絵具,顔彩などがある。絵具
[箔,泥,砂子]
 箔(はく)には金,銀をはじめとし,プラチナなどが用いられる。金箔には厚さの違いと,銀や銅との合金による色の差があり,純金箔,山吹,青金(あおきん),水金などと呼ばれる。…

【料紙装飾】より

…また正倉院文書に〈金薄敷縹紙(きんはくちらしのはなだかみ)〉〈金塵紫紙(きんじんむらさきのかみ)〉〈銀塵紅紙(ぎんじんくれないのかみ)〉などがみえる。〈薄(はく)〉は〈箔(はく)〉であり,〈塵(じん)〉は〈砂子(すなご)〉で,金・銀の切箔や砂子をまいた紙が作られていたことを示す。実物では緑色の紙の表にまばらに金粉をまいた〈緑金箋(りよくきんせん)〉があり,文書にみえる〈金塵緑紙〉に相当するものである。…

※「砂子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

砂子の関連キーワード神奈川県川崎市川崎区砂子月岡 勝三郎(2代目)すっとこどっこいマキコは泣いた西村 伊三郎伊勢物語絵巻玉置千砂子西村伊三郎彫り付けるきらびき紙四万六千日上山 珊瑚保原[町]雄介のたび菊川英山土佐光則菊岡沾凉御出でる大目秋色菊岡沾涼

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砂子の関連情報