コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下村正太郎(7代) しもむら しょうたろう

2件 の用語解説(下村正太郎(7代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下村正太郎(7代) しもむら-しょうたろう

1802-1862* 江戸時代後期の商人。
享和2年生まれ。柳馬場家下村春坡(しゅんぱ)(兼邦)の第5子。文化9年下村家宗家(大丸屋)7代をつぐ。呉服商にくわえ,京都,大坂に両替店,兵庫に外商店,江戸に糸扇店をひらき,事業を発展させた。天保(てんぽう)13年名古屋正金融通方世話人となる。文久元年12月28日死去。60歳。京都出身。名は兼啓。号は正篤。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

下村正太郎(7代)

没年:文久1.12.28(1862.1.27)
生年:享和3(1803)
江戸後期の商人。号は正篤。下村家一族の柳馬場家の子として京都に生まれ,文化9(1812)年,6代正立の跡を継ぎ下村家の当主となる。下村家は屋号大丸屋,大文字屋の呉服商で,当主は業祖の正啓以来彦右衛門を襲名するが,4代彦右衛門による「大丸騒動」後,正太郎を名乗るようになった。7代正篤は,それまでの京都本店,江戸店を中心とした呉服,小間物商売に加え,大坂両替店を創設。京都でも両替業を店舗として独立させ,両替業を本格化した。また兵庫に外商だけを扱う店を設け,江戸でも糸扇店を創始し,生糸の取り扱いを始めている。化政期の下村家の商業活動の拡大,発展は正篤の才覚の下に実現したといえる。幕末維新期には営業活動が停滞的となるが,10代正太郎(正堂)は維新政府の下で商法司元締,東京為替会社の総頭取などを務めた。11代正太郎(正剛)のときに合資会社,さらには株式会社に改組,戦後に至っている。<参考文献>『大丸三百五拾年史』

(谷本雅之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下村正太郎(7代)の関連キーワード下村正啓鈴木英仲大江千楯畑中銅脈岡汝粛三好汝圭度会美彦下村摂貞一族郎党植村家教

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone