コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下橋敬長 しもはし ゆきおさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下橋敬長 しもはし-ゆきおさ

1845-1924 幕末-明治時代の故実家。
弘化(こうか)2年5月16日生まれ。安政3年(1856)家職をついで一条家御側出仕となり,朝廷の装束召具方をつとめ,高倉流故実をおさめる。慶応3年一条家侍(さむらい)。維新後,京都御所殿部などをつとめた。宮廷公事(くじ)を講演し,「幕末の宮廷」「京都の故事について」にのこした。大正13年7月4日死去。80歳。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

下橋敬長の関連キーワード明治時代羽林家弘化

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android