コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎筠圃 みやざきいんぽ

2件 の用語解説(宮崎筠圃の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮崎筠圃
みやざきいんぽ

[生]享保2(1717).尾張
[没]安永3(1774).12.10. 京都
江戸時代の儒家,画家。名は淳,奇,字は子常,通称は常之進,号は 筠圃,尚友。 18歳のとき京都に出て伊藤東涯伊藤蘭嵎に儒学を習い,かたわら趙孟 頫 (ちょうもうふ) に私淑して書をよくし,またもっぱら墨竹画を描いて浅井図南,御園意済,山科宗安とともに平安四竹と賞された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮崎筠圃 みやざき-いんぽ

1717-1775* 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)2年8月21日生まれ。父母とともに京都に移住。伊藤東涯,蘭嵎(らんぐう)にまなぶ。詩や書画にすぐれ,墨竹画では「平安の四竹」のひとりにかぞえられた。温厚,至孝の人柄が「近世畸人(きじん)伝」につたえられている。安永3年12月10日死去。58歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。名は奇。字(あざな)は子常。通称は常之進。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

宮崎筠圃の関連キーワード今井崑山入江正雄植村棋園荻生青山小松原醇斎竹内長水滕元鳳二階堂慎叟丹羽雲気原雲沢

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone