コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎筠圃 みやざきいんぽ

2件 の用語解説(宮崎筠圃の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮崎筠圃
みやざきいんぽ

[生]享保2(1717).尾張
[没]安永3(1774).12.10. 京都
江戸時代の儒家,画家。名は淳,奇,字は子常,通称は常之進,号は 筠圃,尚友。 18歳のとき京都に出て伊藤東涯伊藤蘭嵎に儒学を習い,かたわら趙孟 頫 (ちょうもうふ) に私淑して書をよくし,またもっぱら墨竹画を描いて浅井図南,御園意済,山科宗安とともに平安四竹と賞された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮崎筠圃 みやざき-いんぽ

1717-1775* 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)2年8月21日生まれ。父母とともに京都に移住。伊藤東涯,蘭嵎(らんぐう)にまなぶ。詩や書画にすぐれ,墨竹画では「平安の四竹」のひとりにかぞえられた。温厚,至孝の人柄が「近世畸人(きじん)伝」につたえられている。安永3年12月10日死去。58歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。名は奇。字(あざな)は子常。通称は常之進。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宮崎筠圃の関連キーワード備後国大丸中津城浜松大空襲小野薬品工業小野薬品工業伊勢貞丈王翬河東節義山

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone