コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不予 フヨ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐よ【不予】

《「」はよろこぶ意》
心中おもしろくなく思うこと。不快。
「子の顔色頗る悪し。或は恐る、―あるに非ずや」〈織田訳・花柳春話
天子、また貴人・長上の病気。不例。
「主上御―の御事と聞こえさせ給ひしかば」〈平家・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふよ【不予】

〔「予」は悦ぶ意〕
天皇や貴人の病気。不例。 「主上御-の御事ときこえさせ給しかば/平家 1
楽しくないこと。不快。 「 -ノ色/ヘボン 三版

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

不予の関連キーワード橘奈良麻呂祭る・祀る子じま寺賀茂神社ヘボン橘諸兄長上満誓不例御事魘魅

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android