コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不溶性食物繊維 ふようせいしょくもつせんい

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ふようせいしょくもつせんい【不溶性食物繊維】

植物の細胞壁の構造物質が中心で、水に溶けにくく、水分を吸収して数倍から十数倍に膨らみ、腸壁を刺激して腸のぜん動運動を高める食物繊維海藻類豆類、果物類、きのこ類、玄米、大麦などに多く含まれる。大腸の運動や有害物質の排泄を促進するほか、満腹感を促進して肥満予防、静脈血が逆流しておこる静脈瘤(じょうみゃくりゅう)の予防・改善便秘の予防・改善、虫歯予防などに効果が期待できる。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふようせい‐しょくもつせんい〔‐シヨクモツセンヰ〕【不溶性食物繊維】

食物繊維のうち、不溶性のものの総称。水に溶けず、水分を吸収して数倍から十数倍に膨張する。セルロースリグニンキチンキトサンをはじめ、植物の細胞壁や甲殻類の殻などに多く含まれる。整腸作用、排便作用があるとされる。→水溶性食物繊維

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

不溶性食物繊維の関連キーワードおなかの調子をととのえる食品過敏性腸症候群ゴマエビ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不溶性食物繊維の関連情報