コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不生不滅 ふしょうふめつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不生不滅
ふしょうふめつ

仏教用語。何ものも生ぜず,また滅びないということ。輪廻の世界から解放された世界観に立つと,絶対的な実在はないということを表現するときに用いる言葉。空の観念を補足するものであり,涅槃のあり方を否定的に説明する語法

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふしょう‐ふめつ〔フシヤウ‐〕【不生不滅】

仏語。生じることも滅することもなく、常住不変であること。悟りの境界をいう。常住。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふしょうふめつ【不生不滅】

〘仏〙 生じもせず滅びもせず常住不変であること。真如の世界のあり方。また、この世を真如の現れとみなす立場から、この世の真の姿のあり方。 ⇔ 生滅

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

不生不滅の関連キーワードケルヴィン‐ヘルムホルツの循環定理マーンドゥーキヤ・カーリカーパクダ・カッチャーヤナアナクシマンドロス般若心経/漢訳文アナクサゴラスエンペドクレスパルメニデスレウキッポスエントロピーデモクリトス生死即涅槃エレア学派阿字本不生元素の転換流体力学盤珪永琢四元素説八不中道不変真如

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android