与勘平(読み)ヨカンベイ

デジタル大辞泉の解説

よかんべい【与勘平】

浄瑠璃蘆屋道満大内鑑」に登場する奴(やっこ)の名。
文楽人形の首(かしら)の一。1に由来。時代物で、強がりで向こう見ずな三枚目端敵(はがたき)役に用いる。
物売りの一種。安永(1772~1781)ごろの江戸で、泉州信太(しのだ)の森の与勘平と称する奴姿の二人が、挟箱(はさみばこ)を持って膏薬(こうやく)を売り歩いたもの。また、その膏薬。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よかんぺい【与勘平】

浄瑠璃・歌舞伎「蘆屋道満大内鑑」で活躍する奴やつこの名。
文楽人形の首かしらの一。強がりで、向こう見ずで、滑稽な時代物の端敵はがたき役に使われる。から名付けられた。
安永年間(1772~1781)、江戸で泉州信田しのだの森の与勘平と称して、奴やつこ姿で売り歩いた膏薬こうやく売り。また、その膏薬。よかんべい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よかんべい【与勘平】

[1] 〘名〙
安永一七七二‐八一)から寛政(一七八九━一八〇一)の頃、江戸市中を流し歩いた二人連れの膏薬売り。また、その膏薬。泉州信田(しのだ)の森の与勘平と称する奴(やっこ)姿の二人が挟箱を持ち、「稲荷御夢想、かたやかいなのいたみに付けたらよかんべい」「疝気寸白(すばこ)にはったらよかんべい」などと言って売り歩いたところからいう。〔随筆・半日閑話(1823頃)〕
② 文楽人形の頭(かしら)の一つ。「蘆屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)」の与勘平からつけられた名称。時代物に使われ、強がりで無鉄砲な三枚目の端敵役。丸い眼、つき出た額、ふくれた頬という造作で、滑稽味を強調している。
[2] 浄瑠璃・歌舞伎「蘆屋道満大内鑑」で活躍する奴の名。安倍保名に忠実に仕える重い役で、名題役者がこれをつとめた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android