コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与勘平 ヨカンベイ

2件 の用語解説(与勘平の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よかんべい【与勘平】

浄瑠璃蘆屋道満大内鑑」に登場する奴(やっこ)の名。
文楽人形の首(かしら)の一。1に由来。時代物で、強がりで向こう見ず三枚目端敵(はがたき)役に用いる。
物売りの一種。安永(1772~1781)ごろの江戸で、泉州信太(しのだ)の森の与勘平と称する奴姿の二人が、挟箱(はさみばこ)を持って膏薬(こうやく)を売り歩いたもの。また、その膏薬。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

よかんぺい【与勘平】

浄瑠璃・歌舞伎「蘆屋道満大内鑑」で活躍する奴やつこの名。
文楽人形の首かしらの一。強がりで、向こう見ずで、滑稽な時代物の端敵はがたき役に使われる。から名付けられた。
安永年間(1772~1781)、江戸で泉州信田しのだの森の与勘平と称して、奴やつこ姿で売り歩いた膏薬こうやく売り。また、その膏薬。よかんべい。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

与勘平の関連キーワード保名蘆屋道満・芦屋道満蘆屋道満大内鑑・芦屋道満大内鑑安倍保名信太妻蘆屋道満大内鑑置浄瑠璃信田妻桐竹門左衛門近本九八郎