コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挟み箱 ハサミバコ

デジタル大辞泉の解説

はさみ‐ばこ【挟み箱】

武家が公用で外出する際、の者にかつがせる物品長方形の箱の両側に環がついていて、それにかつぎ棒を通したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はさみばこ【挟み箱】

衣服などを持ち運ぶための長方形の浅い箱、蓋ふたに棒をとりつけてあり、従者に担がせた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

挟み箱
はさみばこ

江戸時代の携行用の担い箱。主として武家が大名行列、登城など道中や外出をするとき、着替え用の衣類や具足を中に入れて、従者に担がせた黒塗り定紋付きの木箱。上部に鐶(かん)がついていて、これに担い棒を通して肩に担ぐ。古くは挟み竹といって、二つに割った竹の間に衣類を畳んで挟み、肩に担いで持ち歩いたが、安土(あづち)桃山時代になると、箱に担い棒を通した形に改良された。江戸時代には、武家調度の必需品とされ、一方、民間でも商家の主人が年始回りなどに、年玉の扇を挟み箱に入れ、鳶(とび)人足に持たせたり、町飛脚などが飛脚箱として用いた。また明治初年には、郵便集配や新聞配達もこれを用いた。[宮本瑞夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

挟み箱の関連キーワード箱・函・筥・匣・筐・筺網野了宅奴を振る五つ道具金紋先箱七つ道具赤坂奴担い棒挟み竹金紋物売後箱先箱衣服

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

挟み箱の関連情報