コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与那国蚕 ヨナグニサン

2件 の用語解説(与那国蚕の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よなぐに‐さん【与那国蚕】

ヤママユガ科のガ。翅(はね)の開張約20センチ、翅の面積では世界最大。翅は赤褐色で、前翅の先が鎌状に曲がり、蛇の横顔を思わせる模様をもつ。幼虫は緑灰色の芋虫で、オガタマノキなどの葉を食べ、成長すると葉の間に灰褐色の繭を作る。東南アジアに分布、日本では与那国島西表(いりおもて)島などにみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

よなくにさん【与那国蚕】

ヤママユガ科の大形のガ。前ばねの長さ約12センチメートル。はねの地色は褐色で中央に三角形の透明な部分がある。前ばねの先端は突出し、ヘビの頭を思わせる。幼虫はオガタマノキの葉を食べる。日本では石垣島・西表いりおもて島・与那国島にのみ生息するが、東南アジアの熱帯・亜熱帯に広く分布する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

与那国蚕の関連キーワード天蚕糸蚕夜盗蛾山繭薄手火蛾大水青蛾白下翅神樹蚕タバコ蛾綴蛾巴蛾