コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与那国蚕 ヨナグニサン

デジタル大辞泉の解説

よなぐに‐さん【与那国蚕】

ヤママユガ科のガ。翅(はね)の開張約20センチ、翅の面積では世界最大。翅は赤褐色で、前翅の先が鎌状に曲がり、蛇の横顔を思わせる模様をもつ。幼虫は緑灰色の芋虫で、オガタマノキなどの葉を食べ、成長すると葉の間に灰褐色の繭を作る。東南アジアに分布、日本では与那国島西表(いりおもて)島などにみられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よなくにさん【与那国蚕】

ヤママユガ科の大形のガ。前ばねの長さ約12センチメートル。はねの地色は褐色で中央に三角形の透明な部分がある。前ばねの先端は突出し、ヘビの頭を思わせる。幼虫はオガタマノキの葉を食べる。日本では石垣島・西表いりおもて島・与那国島にのみ生息するが、東南アジアの熱帯・亜熱帯に広く分布する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone