コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中古語 ちゅうこご

大辞林 第三版の解説

ちゅうこご【中古語】

国語史の上での中古、すなわち平安時代の言語。京都地方の貴族や僧侶の言葉が多く知られる。平安初期に音便が発生し、中期にはハ行転呼音も現れ、ア・ヤ・ワ行音でも混同が起こった。平仮名・片仮名が作り出され、漢語が日常的に使用されるに及んで、様々な文体が用いられるようになった。優れた古典作品が輩出し、後世、文語の規範とされた。 〔院政時代の言語はその言語的性格から中世語に含めることもある〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

中古語の関連キーワード大和言葉にもがな和訓栞宜しいがにをは言語音便

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android