中小田古墳群(読み)なかおだこふんぐん

国指定史跡ガイドの解説

なかおだこふんぐん【中小田古墳群】


広島県広島市安佐北区口田町・口田南町ほかにある古墳群。太田川下流左岸の南から北に延びる標高60~130mの丘陵尾根上に築かれた、16基からなる古墳群。ほとんどが円墳で、ほかに前方後円墳、帆立貝形古墳が確認されている。1979年(昭和54)に発掘調査が実施され、第1号古墳は前方後円墳で全長約30m、後円部中央に竪穴(たてあな)式石室があり、三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)、獣帯鏡、車輪石、玉類、鉄斧(てっぷ)などが出土した。出土遺物から、古墳時代前期後半(4世紀後半)の築造と推定されている。第2号古墳は直径約15mの円墳で、竪穴式石室から素文鏡、衝角付冑(しょうかくつきかぶと)、鉄剣、蛇行剣形鉄製品、太刀、農工具などが出土しており、古墳時代中期前半(5世紀前半)の築造とみられる。古墳時代を考えるうえで重要な遺跡として、1996年(平成8)に国の史跡に指定された。JR山陽新幹線ほか広島駅から中国JRバス「下小田」下車、徒歩約40分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android