コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舶載鏡 はくさいきょう

4件 の用語解説(舶載鏡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舶載鏡
はくさいきょう

日本で出土する鏡のうち,中国で製作され日本に伝来したものをいう。弥生時代には精白鏡や明光鏡などの前漢の鏡,四神鏡内行花文鏡などの漢中期から後漢の鏡があり,古墳時代には神獣鏡画像鏡など三国・六朝時代の鏡が多数発見されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はくさい‐きょう〔‐キヤウ〕【舶載鏡】

弥生・古墳時代に中国・朝鮮半島から到来した銅鏡。→仿製鏡(ぼうせいきょう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はくさいきょう【舶載鏡】

中国・朝鮮で製作され日本に伝来した鏡。精巧な文様・銘文・紀年銘が特徴で、前漢・後漢・魏代にわたる。多紐たちゆう細文鏡・雷文鏡・内行花文鏡・方格規矩鏡・三角縁神獣鏡など。 → 仿製ぼうせい

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舶載鏡
はくさいきょう

弥生(やよい)、古墳時代、日本列島で製作した(ぼうせい)鏡に対して、大陸から舶載した銅鏡をいう。弥生時代には、朝鮮半島製の多鈕細文(たちゅうさいもん)鏡を最初として、ついで、楽浪(らくろう)郡経由あるいは直接中国本土から、前漢の重圏鏡の類が、さらに後漢(ごかん)の方格規矩(ほうかくきく)鏡や内行花文(ないこうかもん)鏡などが舶載され、三国六朝(りくちょう)時代には、三角縁(さんかくぶち)神獣鏡をはじめとする銅鏡がもたらされている。しかし、その後は、遣隋使(けんずいし)・遣唐使の時代に舶載される隋唐鏡まで、中国鏡の舶載は中断する。[田中 琢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

舶載鏡の関連キーワードヒルト華夷チャイナ中文唐画中華街中国銀聯中国茶の日中国醤油孔子学院

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone