コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舶載鏡 はくさいきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舶載鏡
はくさいきょう

日本で出土するのうち,中国で製作され日本に伝来したものをいう。弥生時代には精白鏡や明光鏡などの前漢の鏡,四神鏡内行花文鏡などの漢中期から後漢の鏡があり,古墳時代には神獣鏡画像鏡など三国・六朝時代の鏡が多数発見されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

はくさいきょう【舶載鏡】

中国・朝鮮で製作され日本に伝来した鏡。精巧な文様・銘文・紀年銘が特徴で、前漢・後漢・魏代にわたる。多紐たちゆう細文鏡・雷文鏡・内行花文鏡・方格規矩鏡・三角縁神獣鏡など。 → 仿製ぼうせい

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舶載鏡
はくさいきょう

弥生(やよい)、古墳時代、日本列島で製作した(ぼうせい)鏡に対して、大陸から舶載した銅鏡をいう。弥生時代には、朝鮮半島製の多鈕細文(たちゅうさいもん)鏡を最初として、ついで、楽浪(らくろう)郡経由あるいは直接中国本土から、前漢の重圏鏡の類が、さらに後漢(ごかん)の方格規矩(ほうかくきく)鏡や内行花文(ないこうかもん)鏡などが舶載され、三国六朝(りくちょう)時代には、三角縁(さんかくぶち)神獣鏡をはじめとする銅鏡がもたらされている。しかし、その後は、遣隋使(けんずいし)・遣唐使の時代に舶載される隋唐鏡まで、中国鏡の舶載は中断する。[田中 琢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

舶載鏡の関連キーワード安満宮山古墳三角縁神獣鏡方格規矩鏡下松[市]車塚古墳吉島古墳黒塚古墳南原古墳雷文鏡

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android