中小路(読み)なかしょうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中小路 なかしょうじ

?-? 戦国-織豊時代の琵琶法師。
永禄(えいろく)(1558-70)のころ,琉球から堺(さかい)に伝来した三弦蛇皮の楽器を最初に改良して,三味線として演奏したといわれる。三味線の創始者については石村検校(けんぎょう)とするや両者を同一人とする説があり,また中小路を堺の地名とする説もある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中小路の関連情報