コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島両以 なかじま りょうい

2件 の用語解説(中島両以の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島両以 なかじま-りょうい

1604-? 江戸時代前期の商人。
慶長9年2月生まれ。京都の人。元和(げんな)5年父祖の地美濃(みの)(岐阜県)にもどる。酒,味噌(みそ)の醸造や金融業をおこない,寛永16年材木商に転じ,名古屋藩の御用をつとめる。美濃茶や,南部,津軽などからの材木の取引で巨利をえた。延宝3年(1675)「中島両以記文」を刊行した。通称は助右衛門

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中島両以

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:慶長9(1604)
江戸前期美濃の豪商。72歳のとき『中嶋由来書』『両以由来書』を記す。先祖は紙専売権を持つ地侍として土岐,斎藤氏に従い,両以は,信長,秀吉の代官を勤めたのち,京都に移った祖父両佐の養子となる。元和5(1619)年16歳で美濃に戻り,地主,質商を営み,寛永16(1639)年から飛騨木材の切り出しをはじめ,木曾材の本〆として切り出しを請け負うなど尾張(名古屋)藩の御用商人として経営拡大した。延宝3(1675)年ごろには江戸,大坂,敦賀に定手代を置き,松前,奥州からも俵物や木材を買い付けている。当時の全国市場展開を生き生きと伝える豪商のその後は,墓石を残すのみで不明。<参考文献>『岐阜県史』(史料編近世7)

(伊藤忠士)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中島両以の関連キーワード美濃物豪商淀屋河合曽良美濃の家づと斑濃の威谷衛友堀勝政三井高富湯浅瑠璃

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone