コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中川将行 なかがわ・まさゆき

1件 の用語解説(中川将行の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

中川将行

没年:明治30.2.5(1897)
生年:嘉永1(1848)
明治初期の数学者,教育者。旧幕臣のために明治2(1869)年に開校した沼津兵学校で幾何学を学ぶ。同期に荒川重平がいて,彼との共著,共訳が多数ある。4年海軍兵学寮の教官となり,のちに海軍教授。東京数学会社で活躍した会員のひとり。数学用語の翻訳統一事業に熱心で,上野清と論争する。実用数学を標榜する見地から,和算を「内外接触の理」ばかりの空理空論徹底的に批判。和算の衰退に拍車をかけることとなった。荒川との共著『幾何問題解式』(1879)は日本で初の横書きの数学書である。<参考文献>『日本の数学史100年史』上

(佐藤賢一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中川将行の関連キーワード小倉金之助教育費フワーリズミー遠山啓教育者林鶴一荒川重平小川通司関口開深井仁子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone