コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中朝 チュウチョウ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐ちょう〔‐テウ〕【中朝】

《「中」は禁中の意》朝廷。
「吏人は見ず―の礼」〈露伴連環記
日本の朝廷。また、日本。
中ごろの世。中世

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうちょう【中朝】

〔「中」は禁中の意〕 朝廷。
〔世界の中央に位置する朝廷の意〕 日本の朝廷の美称。
中世。中古。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中朝の関連キーワード南北(朝鮮)間の列車運行中朝友好協力相互援助条約朝中友好協力相互援助条約ノルベルト フォラツェン米テレビ局記者拘束問題帰国事業と日本人妻長白山(白頭山)キム・サムギュ核不拡散条約秩父地向斜浅見 淵朝熊ヶ岳朝倉家記阿知使主平群真鳥林読耕斎武家事紀山鹿素行六者協議中朝事実

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中朝の関連情報