コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中朝事実 ちゅうちょうじじつ

5件 の用語解説(中朝事実の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中朝事実
ちゅうちょうじじつ

江戸時代初期の歴史書。3巻。山鹿素行著。寛文9 (1669) 年完成。『中朝実録』ともいう。皇統の系譜と事績を記して,その正統性と政治的権威を主張したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゅうちょうじじつ〔チユウテウジジツ〕【中朝事実】

江戸前期の歴史書。正編2巻、付録1巻。山鹿素行著。寛文9年(1669)成立。中朝とは日本をいい、古学の立場から日本の皇統を漢文体で論じたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうちょうじじつ【中朝事実】

江戸前期の儒者山鹿素行の著書。赤穂流謫中の1669年(寛文9)に書き上げられ,81年(天和1)津軽藩から板行された。1巻。本書は日本が天神の皇統がついに絶えることなく,また外国より侵されたこともなく,智・仁・勇の三徳において,外国,とくに中国よりもすぐれた国であることを,歴史に即して述べたものである。この比較は普遍的な基準によってなされており,後年誤解されたような国粋主義の書ではない。《素行全集》所収。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうちょうじじつ【中朝事実】

歴史書。二巻。山鹿素行著。1669年成立。素行が赤穂配流中の著作。古学の立場から皇統を論じ、政治の理想が古代において実現されていたことを漢文体で述べたもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中朝事実
ちゅうちょうじじつ

江戸前期の儒者・兵学者山鹿素行(やまがそこう)の著書。1巻。1669年(寛文9)成立。皇統と付録の2部からなり、「天先」「中国」「皇統」「神器」等の13章で構成される前者には、『日本書紀』を主に『先代旧事本紀(くじほんぎ)』『古語拾遺(しゅうい)』『令義解(りょうのぎげ)』『神皇正統記(じんのうしょうとうき)』『本朝神社考』等を援用して、神代・古代の皇統と文物の淵源(えんげん)が述べられ、後者にはそれらに関する問答が載せられている。
 本書において、日本は「中華」「中朝」「中国」とよばれ、「水土は万邦に卓爾(たくじ)として、人物は八紘(はっこう)に精秀」なるゆえんが述べられ、日本主義的傾向は明らかであるが、中国において聖人の示した政治理念が日本において実現していたとするのであり、儒教そのものを否定する国学の傾向とは異なる。[佐久間正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone