コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村嘉芽市 なかむら かめいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村嘉芽市 なかむら-かめいち

1807*-1878 幕末-明治時代の和算家。
文化3年11月28日生まれ。美作(みまさか)(岡山県)の人。中村景美(けいび),可児(かに)平左衛門に和算を,江戸で高橋景保(かげやす)らに天文学をまなぶ。測量もよくし,文政5年堀坂(ほっさか)村(津山市)の暗渠(あんきょ)開削工事を景美とともに完成させる。天保(てんぽう)8年庄屋となった。明治11年10月10日死去。73歳。号は亀遊。通称は亀市ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村嘉芽市の関連キーワード和算家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android