コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土竜 ドリュウ

デジタル大辞泉の解説

ど‐りゅう【土竜】

地上の竜ともいうべき名馬。竜馬(りゅうめ)。
モグラ別名

むぐら【土竜】

モグラの別名。

むぐら‐もち【土竜】

モグラの別名。

もぐら【土竜/鼹鼠】

モグラ科の哺乳類。体長約15センチで尾は短い。毛は黒褐色のビロード状。地中にすみ、目は退化している。前足は大きくシャベル状で、地表近くをトンネルを掘って進み、ミミズなどを食べる。本州・四国・九州などに分布し、アズマモグラともいう。田鼠(でんそ)。もぐらもち。むぐら。うぐら。うごろもち。
食虫目モグラ科モグラ属の哺乳類の総称。コウベモグラなども含まれる。広くはモグラ科を総称し、ヒミズなども含まれる。

もぐら‐もち【土竜/鼹鼠】

モグラの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どりゅう【土竜】

モグラの異名。
〔地上の竜の意〕 駿馬。竜馬りゆうめ。名馬。 「佐々木四郎、生唼いけずきといふ-に乗つて/盛衰記 36

むぐら【土竜】

モグラの異名。 〔日葡〕

むぐらもち【土竜】

モグラの異名。 〔日葡〕

もぐらもち【土竜】

モグラのこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

土竜 (モグラ)

動物。モグラ科に属する動物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

土竜の関連キーワード道教/道教の神々キングオブ男!アズマモグラ榎木薗郁也宮藤官九郎栗原シュナ渡辺奈緒子笠原竜司土竜脅し鮫島満博皆川猿時岩城滉一満州開拓村上和成吉川恭代鹿野優志阿部亮平望月智弥森本武晴竹田貴士

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土竜の関連情報