コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村正爾 なかむら しょうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村正爾 なかむら-しょうじ

1897-1964 大正-昭和時代の編集者,歌人。
明治30年6月1日生まれ。小学校教員ののち大正11年北原白秋をたよって上京,出版社アルスにはいる。昭和10年白秋が創刊した「多磨」にくわわり,終刊まで編集にあたった。28年「中央線」を創刊,主宰。昭和39年4月5日死去。66歳。新潟県出身。新潟師範卒。
【格言など】ふるさとの家の座敷とおもひつつ暁ちかき雪あかりかも(「中村正爾歌集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村正爾の関連キーワード新藤兼人中平康[各個指定]芸能部門ジュネーブ道路交通条約森一生[各個指定]工芸技術部門コンゴ動乱石井桃子加藤泰コーマン

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone