コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中瀬鉱山 なかせこうざん

2件 の用語解説(中瀬鉱山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中瀬鉱山
なかせこうざん

兵庫県中北部,養父市の関宮にあった鉱山。天正1 (1573) 年八木川流域に砂金が発見され,享保年間 (1716~36) までは生野鉱山とともに重要な鉱山であった。その後さらに,銀,アンチモンも採掘され,最盛期にはアンチモンは日本の生産量の 80%以上を産出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中瀬鉱山【なかぜこうざん】

兵庫県養父(やぶ)市にあった鉱山。1573年八木川上流で砂金が発見されたことから金山(かなやま)として知られた。豊臣秀吉は直轄地として金山振興策をとり,地域一帯の石高減免措置を行っている。
→関連項目関宮[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の中瀬鉱山の言及

【関宮[町]】より

…中心集落の関宮は,江戸時代山陰道(現,国道9号線)の宿場町として栄えた。八木川南岸の中瀬鉱山は天正年間(1573‐92)金山として開かれ,江戸時代は生野代官所の直轄地となって繁栄した。のち銅,スズ,アンチモンを産するようになり,特にアンチモンは最盛期に全国産出量の8割を占めたが,1969年に閉山した。…

※「中瀬鉱山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中瀬鉱山の関連キーワード兵庫県養父市上野兵庫県養父市葛畑兵庫県養父市小城兵庫県養父市関宮兵庫県養父市轟兵庫県養父市畑兵庫県養父市三谷兵庫県養父市三宅兵庫県養父市森兵庫県養父市養父市場

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone