コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

養父市 やぶ

2件 の用語解説(養父市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

養父〔市〕
やぶ

兵庫県中北部に位置する市。但馬地方の中央にあり,東部を円山川が北西に流れ,円山川とその支流の大屋川,八木川などの流域に集落が広がる。西は鳥取県に接し,氷ノ山,ハチ高原などの山岳や高原が連なり,氷ノ山後山那岐山国定公園但馬山岳県立自然公園に属する。 2004年4月八鹿養父大屋関宮の4町が合併し市制。八鹿に市本庁舎がある。古くから山陰道が通り,円山川の舟運とともに交通の要衝として栄えたほか,養蚕,但馬牛の取り引きが行なわれ発展した。また,大屋地区は古来鉱物資源に恵まれ,金,銀,銅,スズ,亜鉛などを産出。 1987年までスズを産する明延鉱山が操業していた。氷ノ山などの山腹ではスキー場が整備されている。国道9号線が市域を東西に走り,八鹿で 312号線と結ばれる。 JR山陰本線が円山川沿いを通り,八鹿駅,養父駅がある。面積 422.91km2。人口 2万4288(2015)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

養父市の関連情報